「ANAインターコンチネンタルホテル東京」にクラブフロア誕生。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

東京、溜池山王にあるANAインターコンチネンタルホテル東京にクラブフロアが新設されたので少しだけご紹介。

先に申し上げるとこのクラブフロアはまだ未完成のようで、満足度が高いとは言い難い。

とはいえ都内でも最大級のクラブラウンジをもつこのホテルにクラブフロアができたのはホテル好きにとっては耳寄りなニュースであることは間違いないし、待望するところでもあったのでこれからに期待というところだろうか。

何かを語るよりは写真をさくっと見ていただき、部屋の輪郭をイメージしてもらえると有り難い。

クラブインターコンチネンタルルーム ダブルというお部屋。ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

30年の歴史をもつホテルだが、綺麗に改装されており洗練されている。
ベッドサイドも今のホテルっぽい仕様。見え辛いがコンセントとUSBが一口ずつある。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

窓に沿ってソファが配置されている。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

窓からの眺め。おー、マンションビュー。遠くには東京タワーが。虎ノ門周辺は
開発が進んでいるよう。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 ビュー

テレビ周り。お部屋の広さはおよそ30平米と決して広くはないが、テレビを壁に
埋め込んでいたりと工夫されているおかげで多少広く感じる。

テレビの下には BOSEのスピーカーが設置されていて、iPhone等とBluetoothで
接続することが可能。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

ミニバー。
ANA東京 ミニバー

ANA東京 ミニバー

バスルーム。このお部屋、バスタブがないので注意していただきたい。ANAインターコンチネンタルホテル東京 バスルーム

シャワー&レインシャワーのみが身体を洗う手段だ。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 バスルーム

洗面所側から見るとこう。ちなみにアメニティはTHANN 。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 バスルーム

このユニークなバスルームをお部屋側から見ると、
ANAインターコンチネンタルホテル東京 バスルーム

面白いと思ったのはクローゼットの中に「竹踏み」があったこと。
日本の一般家庭でもなかなかお目にかかれなくなった代物だ。ノスタルジーである。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

ナイトウェアは浴衣と2種類から選べる。訪日の外国人には喜ばれそう。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブルーム

ざっくりだが一通り紹介させていただいた。一言でいうとよく考えて工夫されている。

「竹踏み」がこの部屋のコンセプトを分かりやすく表現してくれた気がする。

竹踏みクラブダブル、体験あれ。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA