東京でランチ会食するならホテルの伝統料理シリーズ@ザ・キャピトルホテル 東急


東急電鉄系最強ホテル「ザ・キャピトルホテル東急」。

こちらの伝統料理は言わずと知れた「パーコー麺」。

ホテルでパーコー麺、ラーメン、カレーなど、庶民的なものを食べるとそのギャップから贅沢感が得られ、相手をいい気持ちにさせられるのです。

あくまでも相手によるので、そこはご自身の選球眼で見計らってください。

こちらがオリガミで食べれるパーコー麺。

薬味、自分好みにアレンジ。

これで2,730円です。ホテルですからね。

味は伝統と言われるだけあり、特におじさまに好まれるであろうあっさりとしたスープに丁寧に茹でた細麺をからませ。

美味でございました。でも味だけでいうと値段ほどの価値はないと思います。

スタッフのかたが食事が終わるとすかさず食器を下げてくださり、爪楊枝をそっと置いてくださいました。

ここしかないという絶妙なタイミングでの配膳、ホテル好きなひとはホテルのここにお金を払っているのだなーと感じる瞬間です。

窓の外には緑が。食事の席に彩りを加えてくれます。

会食の機会でなければ行かない場所ですが両親が上京してきたときにでも連れて行ってあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA