清潔感に定評あり「ホテルユニゾ大阪梅田」

ホテルユニゾ大阪梅田

例えば大阪中のホテルがいっぱいでどこも高くて泊まれない、という状況だったとしても譲れない条件、

僕の場合、それは清潔感です。

どんなに名が通ったシティホテルでも築年数が経過していればカーペットが汚れていたり、バスルームのカーテンから異臭がしたりするものです。
これは清掃では落ち切らない、どうしようもないものなのでしょう。

こんなホテルに当たってしまうと、風呂に入っても入った気がしない。
僕は潔癖ではないですが、ホテルに泊まる以上は自分の部屋よりは清潔な部屋に泊まりたいと思ってしまうのです。

その点、ホテルユニゾはそんな心配が要らない、清潔ホテルとして太鼓判を押せるホテルと言えるでしょう。

とくに新築は最高で、梅田にユニゾができたのはビジネスマンにとってはアドバンテージになるのではないでしょうか。

写真でお部屋をご紹介

廊下を通ってお部屋へ。この時点でもう清潔感あります。
(ちなみに客室階に上がるにはルームカードが必要です。)
ホテルユニゾ大阪梅田 廊下

お部屋の全体像。狭いけど、狭さを感じさせない作り。
ベッド幅は125cmとやや広め。
ホテルユニゾ大阪梅田 シングルルーム

こう見ると狭!と思うかもしれませんが、狭さ感じません。
ホテルユニゾ大阪梅田 シングルルーム

こんなテーブルとソファを置けてしまうくらいです。
ホテルユニゾ大阪梅田 シングルルーム

なぜ狭いのに広く見せられるかというと、僕はこのライティングデスクと
バスルームに工夫が凝らされているからではないかと思います。
ホテルユニゾ大阪梅田 ライティングデスク

この卵型のバスルームがスペースを効率よく使える形なのではないかと。
そして、角を削る事で四角形のバスタブよりも水道代を抑えられる。よく考えられています。
こういうホテルはすごく儲かるんじゃないかと思いますよね。
ホテルユニゾ大阪梅田 バスルーム

こちらはトイレ。見たこともないメーカーです。
体格の大きな方にはちょっと狭め。
ホテルユニゾ大阪梅田 トイレ

拡大鏡は、他のホテルユニゾにも付いています。
地味にありがたいアイテムです。
ホテルユニゾ大阪梅田 三面鏡

まとめ

ざっとご紹介しましたが清潔感、伝わったでしょうか。

清潔感の他にも、狭い部屋を広く見せる工夫であったりとか
三面鏡などの拘りポイントがあることとか、普通のビジホとは一線を画するかと。

このホテルはおそらく儲かっていると思うので、スタッフも皆さんも心なしか余裕にみえ、
サービスも行き届いていると感じます。

朝食はビュッフェではなくやよい軒の定食スタイル。
ビュッフェが好きな方にはおすすめ出来ませんが、朝は少しでいいという方が最近増えているので
時代には合っているのではないでしょうか。

ミニマルでいいんだけど、便利さと清潔さは譲れない方にはぴったりのホテルです。

ホテルユニゾ大阪梅田の詳細はこちら

(あと、ここだけの話。このプランめっちゃお得です)
2018/4/3 OPEN記念【ポイント最大20倍】素泊まりプラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA