生後1ヶ月、夜泣きが辛いけど。

僕の子供は男の子なのですが、生後1ヶ月経った頃にあることに気がつきました。

おでこから明らかに「加齢臭」がするのです。

周りの家族からは、お前が抱っこした時に首筋の臭いが付着したんだよ…と白い目で見られていましたが濡れ衣です。僕が一度も触らなかった日もその臭いはするです。

調べてみるとどうやら一般的なことのようで、大量に汗をかく赤ちゃんは汗や皮脂が酸化して加齢臭がしてしまうそうです。このことをちゃんと主張しないと臭いおやじのレッテルを貼られてしまうので早めに対処しておきましょう。

さて、タイトルに書いた通り生後1ヶ月くらいの夜泣きはなかなかハードです。
ノイローゼになってしまうお母さんもいるのではないでしょうか。これが伝染すると家族全体が暗い雰囲気になってしまうので男は歯を食いしばり、泣き言を言わずお母さんの悩みをきいてきいて聞きまくってください。

僕の妻の場合は困ったことに赤ちゃんがうまくお乳を吸うことができず、最初は母乳を哺乳瓶に絞ってそれを赤ちゃんに与えていました。哺乳瓶に母乳を注ぐ時に難しい体勢になるので妻は肩が凝っている様子で可哀想でした。

母乳が吸えないから哺乳瓶にためておいたものを夜中に起きて温めてから赤ちゃんに与える、
ただでさえ眠くて辛いのに本当によくやってくれていました。

僕の息子は幸いにも粉ミルクは飲んでくれていたので、夜泣きが続くときにはすぐに起きて粉ミルクを作り、哺乳瓶で飲ませていました。色んなストレスを抱える妻に少しでも楽になってもらいたい、という気持ちと、ここで頑張っておけば子育てのイニシアチブを握れるという打算で身体に鞭打って頑張っていたように思います。

・俺には仕事があるから夜くらいゆっくり休ませて欲しい。
・俺は仕事、嫁は子育て、それぞれの役割で頑張ろう。

という考えはクソガキの考える幼稚極まりない甘えなのでさっさと改め、全てを注いで育児をしてください。

育児を主体的に行うことは自分自身の心を鍛え、自己管理能力を高めます。男が楽に生きられるようになる第一歩です。

この状況ほんとうに終わりがくるのか…、なんで俺だけがこんな目に…と思っているお父さん。
大丈夫です。みんな同じです。同じ経験をしてタフメンになっていくのです。

辛い時ほど一歩前に出て、積極的に育児に参加しましょう。
そうすればきっと楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA