4,000円台、完全ワイヤレスイヤホン「Cshidworld」

cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

「JBL FREE」の悲劇から間もないが、返金されたお金で新たな完全ワイヤレスイヤホンを購入。

JBLは名前的に信頼もあり、1万5千くらい出して購入したのだが見事に失敗してしまったので
今回はコストを抑えつつも、良い製品を作っている、みたいな無名のプレーヤーに賭けてみることにした。

イヤホン市場は新しいプレーヤーがどんどん参入してきており競争が激しくなっているので元々いた巨人(BOSE、JBL、SONYなど)以外にも良い製品を作っているメーカーがたくさんある印象。

そして、WEBをくまなく探して見つけたのが「Cshidworld」

どこーーーー

むむ無名でも良い製品を作ってるメーカーはあります…

画像でご紹介

何はともあれ画像でご覧いただくのが早いだろうということで見ていただきたい。

まずは箱。Simple is Best.
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

箱をあけてみる。説明書、ケーブル、アタッチメント、ケースとかなりミニマム。
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

箱から出してみた。
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

ケースはコンパクトでクールなデザイン。さらっと持ち歩けそう。
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

本体はブラックでシンプルなデザイン。真ん中のボタンで電源ON/OFFできる。
左右で電源ボタンが分かれているため両方のスイッチをONにしないと片方からしか音が出ない。
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

サイズ。参考までにiPhoneの純正イヤホンと比較。
cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン

3日間使ってみた

まず、ペアリング。これは2タッチで非常に簡単にできる。

フィット感は以外にもJBL FREEより良い。耳にビタッとハマって遮音性も高い。
音楽が無くても耳栓のような役割を果たしてくれそう。あと、軽いので長時間つけても疲れない。

音質は可もなく不可もなく。輪郭がぼやけた音なのでボーカルを楽しみたい人には向かないかも。
僕は作業用にインストを流していることが多いのでそこまで気にならない。

さて、気になる音切れは、

ほとんどなーーーーい!飛行機や地下鉄で使ったけどほぼゼロ!

JBL FREEの悪夢が嘘のように快適。音が途切れないっていい。

バッテリーは3時間くらい持つので、こまめにケースに入れていれば切れることはない。

まとめ

冒頭で書いたように、無名でも良い製品を作っているメーカーは存在する。

少なくともスピーカー・イヤホン界の巨人JBLが作ったイヤホンよりは確実に良い。
しかも4,000円台!

Cshidworldの他にもたくさん安くて良いメーカーはあると思うので、
はじめて完全ワイヤレスイヤホンを買うという方は4,000円前後のレベルから
エントリーしていくといいのではないだろうか。

ただ、音質がイマイチではあるのである程度使用したらBOSEやONKYOなど
定評のあるメーカー品にも手を出してみたい。

Cshidworld 完全ワイヤレスイヤホン ヘッドセット
※アマゾンでの取扱開始は2017/12/25とのこと。発売されたばかりかも。

2018年3月に新しく1台購入したのでご参考まで。
4千円以下で買える!完全ワイヤレスイヤホン「MEES Audio M1」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA